立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2015年度春APハウス入寮式

学生生活

2015/4/13

2015年4月3日(金)、学生寮APハウスの入寮式をAPUミレニアムホールで開催し、新たに37カ国・地域出身の約610名を迎えました。式には、教職員やレジデントアシスタント(RA)と呼ばれる、寮生の生活をサポートする学生58名も出席し、新入寮生を歓迎しました。

式では牧田 正裕学生部長が「皆さんは多様性に満ちた多文化環境の中で、文化や価値観、あるいは習慣の違いから時には衝突することもあるでしょう。そんなときは、ぜひ、話し合いを通じて、『平和的に解決』してください。そのことを通じて、『平和的にものごとを解決する』ことの意味も同時に学んでください。『平和的にものごとを解決する』ことができる人が増えれば、世界はもっと平和になるはずです。とはいえ、こうした問題解決は、ときには時間がかかるなど、ある意味で面倒さを伴うため、寛容さや忍耐力が求められます。さらにAPハウスには共同生活のためのルールもたくさんあります。それらをきちんと守りながら、他者への理解、文化や習慣の違いを尊重する精神など、多くのことを学んでください」と激励しました。

新入寮生を代表して林優里香さん(アジア太平洋学部1回生、日本)が新生活への決意を述べました。続いてRAが自作したビデオを上映し、APハウスでの規則やマナーを紹介しました。

引き続きAPUカフェテリアで行った「歓迎夕食会」では、RAが一人ひとり自己紹介をしたほかダンスパフォーマンスを披露し、新入寮生を歓迎しました。

学生たちは、APU入学後の1年間、原則、国際学生は全員、国内学生は一部が、キャンパスに隣接する学生寮APハウスに居住します。現在、国際学生と国内学生の割合は6.5:3.5となっており、約1200人の学生が共同生活を送っています。シェアルーム378室、個室932室を有するAPハウスは、寮生にとって単なる生活の場ではなく、コミュニティ形成や異文化理解を経験を通じて学ぶ場であり、尚且つ国際学生にとっては日本の生活習慣を覚え、日本語を磨く場にもなっています。

APハウスの詳細は、「APハウス(学生寮)」をご覧ください。



  • LINEで送る

PAGETOP