立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2015年APU名誉教授称号授与式

受賞

2015/4/8

2015年4月1日(水)、APUでの教育・研究活動への功績を称え、山神 進アジア太平洋学部教授とPORTER, Edgar A. アジア太平洋学部教授に、是永 駿学長より名誉教授の称号を授与しました。「2015年名誉教授称号授与式」は、別府市ビーコンプラザの中会議室で実施しました。

山神名誉教授は、学部教育において読売新聞社の協力講座や国際機関のリレー講義を担当するなど、学生の多様な知的関心を喚起する科目開講にも幅広く貢献し、大学院においてはJICAの「人材育成支援無償(Japanese Grant Aid for Human Resource Development Scholarship:JDS)」や「中国若手行政官等長期育成支援事業(CDS)」で受入に中心的な役割を果たすなど、大学院学生の、指導にも情熱を注いでこられました。また、学生部長、APハウス長、教学部長、学部長、副学長と学内行政で要職を歴任し、APUの開学からこれまでの成長に多大な貢献を果たしました。

PORTER名誉教授は、言語教育センター英語主任、教学部長、インスティテュート本部長、学長特命補佐、FD/SD運営委員長を歴任し、学外ではアジア太平洋地域の国際教育交流団体「Asia Pacific Association for International Education(APAIE)」の委員を務め、ザルツブルグ応用科学大学とのデュアルディグリー・プログラムでの受入協議を担当するなど、本学の国際教育プログラムの発展に多大な功績を残しました。自身の豊富な国際教育分野での知見を生かした授業や、近年の研究の対象であるモンゴル国の地域研究での学生のフィールドスタディの引率や、Ritsumeikan Journal of Asia Pacific Studies (RJAPS)への寄稿を行なうなど、研究成果の学内への還元にも尽力しています。

名誉教授称号は立命館アジア太平洋大学名誉教授規定により、APUの教授として、教育・研究上またはAPUに対して特に功績顕著であった教員に授与しています。山神名誉教授、PORTER名誉教授を加え、APUの名誉教授は25 名となりました。

第1号 坂本和一 名誉教授 第14号 中田行彦 名誉教授
第2号 慈道裕治 名誉教授 第15号 MANI A. 名誉教授
第3号 甲賀光秀 名誉教授 第16号 KO Yiu Chung 名誉教授
第4号 小方昌勝 名誉教授 第17号 三好皓一 名誉教授
第5号 福井捷朗 名誉教授 第18号 武藤幸治 名誉教授
第6号 畠田展行 名誉教授 第19号 Monte CASSIM 名誉教授
第7号 KEE Pookong 名誉教授 第20号 S. MANOPIMOKE 名誉教授
第8号 難波正憲 名誉教授 第21号 仲上健一 名誉教授
第9号 SINHA, Dipendra 名誉教授 第22号 福谷正信 名誉教授
第10号 井草 邦雄 名誉教授 第23号 宇根谷孝子 名誉教授
第11号 高元 昭紘 名誉教授 第24号 山神進 名誉教授
第12号 EADES Jeremy S. 名誉教授 第25号 PORTER, Edgar A. 名誉教授
第13号 COOPER, Malcolm J.M. 名誉教授    



  • LINEで送る

PAGETOP