立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

中津市と友好交流協定を締結

2006/1/20

1月16日(月)、大分県庁知事貴賓室で中津市とAPUの間で「友好交流に関する協定書」の調印式を行いました。

まず、カセム学長よりこの間の締結までの経緯と協定内容についての説明があり、広瀬勝貞大分県知事と梶谷潔中津市議会議長の立会いの下、新貝正勝中津市長、モンテ・カセムAPU学長が協定書へサインをしました。

引き続き、広瀬大分県知事より「より深い交流を実現できるように」と今後の中津市とAPUとの交流の推進について期待が述べられた後、新貝中津市長が「APUの人材や知的資源を活用し、連携を深め中津市を活性化していきたい」と話され、調印式を終了しました。

豊かな自然環境と歴史や文化を生かし、人と人との繋がりや心の豊かさを大切にしながら、快適な生活環境の創造を目指す中津市と、国際的な教育研究機関としてアジア太平洋の未来創造に貢献できる人材を育成するために地域との交流を最重点課題として取り組んでいるAPUとの間で、今後、緊密な連携を図っていきます。

中津市を含め、現在APUは大分県内外8つの自治体と交流協定を締結しており、地域振興や教育分野における交流を行っています。


  • LINEで送る

PAGETOP