立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2012年度APU講座が終了

講演・シンポジウム

2013/1/30

2013年1月12日(土)、2012年度APU講座の最終講座として、武藤 幸治APU国際経営学部教授が「アラブの春~なぜ今、一斉蜂起か~」と題して講演しました。

今年度のAPU講座は、武藤教授をはじめ、小林 祥子アジア太平洋学部助教、立山 博邦教育開発・学修支援センター助教、銭 学鵬アジア太平洋学部助教が講師を務め、「APUで世界を知ろう~今、世界で起こっていること~」を共通のテーマとした4回のシリーズ講座を行い、延べ 251名の方にご参加いただきました。

各回の講座の後には、茶話会と称して担当講師やAPU生との交流の場を提供しました。茶話会では学生の出身国・地域の文化や習慣、将来の夢などをテーマに、参加者とAPU関係者が異文化交流を楽しむ姿が見られました。

APUは地域社会の国際化と活性化に寄与することを重要な使命と認識し、その取り組みのひとつとして開学前の1998年から公開講座「APU講座」を開催しています。
今後もAPU講座にご期待ください。

参加者の皆さんからお寄せいただいた感想の一部は、以下の関連リンクよりご覧いただけます。
関連リンク:2012年度APU講座概要



  • LINEで送る

PAGETOP