立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

岩田高等学校APU立命館コース開講式

連携事業

2012/4/27

2012年4月25日(水)、APUコンベンションホールで岩田高等学校APU立命館コースの開講式を行いました。式には新たにコース生となった16名の同校一年生と保護者やAPUおよび岩田高等学校の関係者が出席したほか、ティーチング・アシスタント(TA)としてコース生の授業補助にあたるAPU生も同席しました。

冒頭、平田 純一副学長が「実社会では教科書にはないことに直面することが多々あり、自分で考えて行動することが求められます。大学はこうした自分で考えて行動する術を身につける場です。3年間のコースでの学びを通して、様々な意見を自分で見極め、世の中を見る目を養ってください」と新コース生を激励し、一人ひとりにAPUのライブラリーカードを授与しました。また生島 彩水さんがコース生を代表して「英語を使って世界の人と話をしたいとAPU立命館コースを志望しました。他の高校ではできない勉強ができるので、今からとても楽しみにしています」と挨拶しました。

立命館大学、立命館アジア太平洋大学と大分市の岩田学園は、大分から世界を目指す人材の育成を目指して、2007年5月に高大連携に関する協定を締結し、2008年4月に岩田高等学校APU立命館コースを開設しました。新たに迎えたコース生を含め、これまでに述べ85人が、学校法人立命館と岩田学園が設計したコースカリキュラムのもと学習しています。



  • LINEで送る

PAGETOP