立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

世界42カ国・地域から1020名の新入生を歓迎-2012年春入学式

学生生活|イベント

2012/4/4

2012年4月4 日(水)、新たに1020名の新入生を迎え、別府ビーコンプラザ コンベンションホールで「2012年春入学式」を挙行しました。

今春の入学者数は、42カ国・地域出身の学部生923名(国内学生723名、国際学生200名)、大学院生20名(全て国際学生)、短期・交換留学生77名(国内学生31名、国際学生46名)です。(2012年4月4日現在)

式では、是永 駿学長が「これからの世界は、対話による交渉で紛争を解決する時代へ、人間も進化しなければなりません。交渉は政治、外交、交易などどの分野でも展開され、冷静かつタフな交渉に耐えうる人材の育成に各国とも力を尽くす時代に私たちは生きています。これから始まる皆さんのAPUでの日々は、こうした人材に変身する期間であり、その先には洋々たる前途が開けています」と新入生を激励しました。

続いて、在校生を代表してISKANDAR Zaza Hazadiahさん(APS4、インドネシア)が歓迎の挨拶を行い、新入生を代表して髙瀨 純一チャールズさん(APM1、日本)とHUANG Hsiang Yunさん(GSAM、台湾)がそれぞれ挨拶しました。

髙瀨さんは「今日、この場に立つ私は自分自身に挑んでいくことを宣誓します。これから私たちはこれまで以上に努力していかなければならないでしょう。しかし、それ以上に強くなることができると信じています。これからの4年間を実り多く、楽しく、やりがいのあるものにしましょう。そして、共によりよい世界を形づくりましょう」と決意を表明しました。

 

またHUANGさんは「私は“APUでの学生生活で得たどんな新しい発想・知識・思考でも母国に持ち帰る”というミッションを自らに課して入学しました。APUでの人生経験は、私の展望や視野を大いに広げてくれると確信しています。悔いのないように、何事にも全力で取り組んでいきます」と抱負を述べました。

入学式の締めくくりには、在校生が恒例のサークルパフォーマンスを盛大に行い、新入生のAPUでの新生活にエールを送りました。

尚、今回の入学式の様子はUSTREAMを使ってライブ中継しました。配信映像はこちらからもご覧いただけます。
USTREAMチャンネル:http://www.ustream.tv/channel/ritsumeikan-apu ;

 

 

 



  • LINEで送る

PAGETOP