立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

842人の卒業を祝う−2012年3月学位授与式

学生生活|イベント

2012/3/16

2012年3月16日(金)、別府ビーコンプラザ コンベンションホールで2012年3月学位授与式を挙行し、25カ国・地域842名が巣立ちの日を迎えました。父母の皆さんそして友人や後輩ら、約1200人が集い、卒業生たちの新しい門出を祝いました。

是永 駿APU学長は卒業生へ「グローバル化の速さ、深さに対応するためには、グローバル化社会というきわめて大きな文化変容に対応した意識の変革が重要です。APUの普遍的真理“自由・平和・人間性”を胸に、自分の存在を見定め、刻々と動く世界を観察し、分析し、判断を下して行動に移し、雄々しい人生を送ってください」と激励の言葉を贈り、学部代表者、大学院研究科代表者に学位記を 授与しました。

今年の安藤百福名誉博士栄誉賞(*)を受賞した鬼塚 亮輔さん(APS、日本)は学部生を代表して「政治、経済の両面で閉塞感が漂う日本に対し、アジアは目覚しい発展を続けています。こうした日本や世界を元気にするのは、海外に進出する意欲を持った新しい世代、私たちAPUの仲間であると信じています。私たちが日本を支えましょう。そして、世界を変えるような行動を起こしましょう」と、共に巣立つ仲間に呼びかけました。

 

 

また大学院卒業生を代表してBARREDA MORENO Olga Patriciaさん (GSM、メキシコ)は「私たちは共に課題に取り組み、議論し、研究やレポートについて意見を交わす中で、友人となり、様々な経験を分かち合い、互いに成長することができました。そして今、更に大きな夢に向かって進んでいきます。自身の世界を形作るために、皆さんがAPUで得た知識や経験、ネットワークを活用できることを祈っています」と2年間の学生生活を振り返りました。

最後に卒業生は恒例の帽子投げを行い、エンジの立命館カラーが舞う中、式は幕を閉じました。節目の日を迎えた卒業生は、APUでの経験や思い出を胸に、就職・進学とそれぞれ新たな道を歩んでいきます。

 

*安藤百福名誉博士栄誉賞(オナープライズ)
故安藤百福名誉博士(日清食品株式会社 創業者)のご厚意により設立された奨学金であり、学部の卒業予定者で、意欲的な進路の目的を掲げ、将来、アジア太平洋地域で大きな貢献を果たそうとしている者を励ますことを目的としたものです。 

尚、今回の卒業式の様子はUSTREAMを使ってライブ中継しました。配信映像はこちらからもご覧いただけます。
USTREAMチャンネル:http://www.ustream.tv/channel/ritsumeikan-apu ;

 

 



  • LINEで送る

PAGETOP