立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

インドネシア語スピーチコンテストでAPU生が2位を獲得

学生生活|受賞

2012/2/13

2011年11月20日(日)、南山大学主催のインドネシア語スピーチコンテスト スピーチの部で、山口未来さん(APS3、日本)が準優勝の成績を収めました。

山口さんはAPU在学中に、インドネシア政府のダルマシスワ奨学金を受け、バンドン地方のパスンダン大学に留学した経験を生かし、同地スンダ民族の言語と日本語の共通点について発表しました。スピーチ練習では発音に特に時間をかけて取り組み、インドネシア語にない発音があるスンダ語の発音を練習するため、APU生のネットワークを使って同地域出身の学生を探し出し指導を受けたといいます。

山口さんは「留学中、体調を崩したりホームシックになった時、心の支えになってくれたのはAPUのインドネシア人の友人や先生でした。こうした皆さんに恩返しがしたかったので、2位という結果は本当に残念です。これからもスキルアップを目指し、将来はインドネシアの日本語学校など、日本の文化や言語をインドネシアに伝える仕事につきたいです」と今後の抱負を話しました。

APUでは言語教育センターを設け、日英2言語に加え、アジア太平洋地域の主要な言語として、中国語、韓国語、マレー・インドネシア語、スペイン語、タイ語、ベトナム語の6言語を入門レベルから上級レベルまで開講しています。



  • LINEで送る

PAGETOP