立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

別府市内で読書イベント「ブック・フェスタ・ベップ2011」を開催

学生生活|連携事業

2011/12/15

2011年11月23日(水)~27日(日)、APU学生団体ブック・フェスタ・プロジェクトが別府市内の商店街で読書に関するイベント「ブック・フェスタ・ベップ2011~“本の魔法”が人とまちをつなぐ5日間のクルーズ」を開催しました。

イベントは大分県が公募した「街なかにぎわいプラン推進事業」の学生部門で最優秀賞を獲得した事業プランで、イベントは大分県の助成を受けて実施されたものです。

プラットホーム1を皮切りにソルパセオ銀座商店街では、APU生や地域住民、書店主が小説やコミックなど様々なジャンルの書籍が並ぶ小さな古本屋を開業し、本を探し歩く読書好きの来場者と交流する姿がありました。

11月26日、27日にはAPU生の案内による商店街散策を行い、“かわいくておいしい”オススメのレストランのほか、ゆっくり本を読める喫茶店や書店、出店している古本屋など約30箇所の“ブック・スポット”を案内しました。また沖縄を拠点に活躍するタレント、Mr.スティービーさんによる絵本の読み語りワークショップやライターで編集者の南陀楼 綾繁氏、京都ガケ書房店長の山下 賢二氏をゲストに迎えたトークショー、APU男子学生による絵本の読み聞かせ会、仕掛け絵本(飛び出す絵本)を作るワークショップなどを開催しました。

古本の販売を担当していた浅子 智加さん(APM4、日本)と越智 可南子さん(APS4、日本)は「たくさんの方にお会いし、とても素晴らしい一日となりました」と話しました。

ブック・フェスタ・ベップ2011は、読書好きの方へ、新しい本を楽しんだり、他の愛書家と交流したり本を読むのにぴったりの場所を知る機会を提供し、大成功を収めました。

取材:SETHURAM Shyamala(APM3、インド)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>



  • LINEで送る

PAGETOP