立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ハビタットAPUがタイで住居建築ボランティア活動を実施

学生生活

2011/9/15

2011年8月21日(日)~9月5日(月)、住居を必要とする世界中の人々のために、住居建築のボランティア活動を続ける、ハビタットAPUのメンバー25名がタイ王国 ウドンタニで支援活動を実施しました。

ハビタットAPUは国際NGO団体Habitat for Humanity International(以下HFHI*)の日本支部に所属し、学生支部として活動するボランティアサークルです。2007年から毎年、街頭募金によって、住居の建築資金を集め、HFHIが世界各地で実施する「グローバルビレッジ(GV) 」と呼ばれる建築支援活動に参加しています。渡航費は学業の合間のアルバイトで捻出しています。

メンバーは現地で、外壁造りや床張りなどの初期工事をホームオーナーや大工と協力して行なったほか、タイ語に翻訳した絵本や日本の文化を紹介したメンバー手作りの絵本を、現地のHIV感染児が暮らす孤児院へ寄贈しました。また、活動地ウドンタニ出身のAPU生が滞在中の通訳として協力したほか、絵本のタイ語への翻訳作業など、タイ出身の国際学生がハビタットAPUの活動を支援しました。

GV活動の代表、川嶋 理沙さん(APM2、日本)は「今回の活動ではホームオーナーの方と交流を深めたことがとても印象に残っています。厳しい生活状況や、家を“天国”に例え、住居完成後に商店を開きたいというオーナーの夢を聞き、改めて、このGV活動が、単に“家を建てる”支援活動ではなく、居住者の“夢を実現する”活動であると痛感しました。私たちの経験を9月16日に出発する“ちゃりんこプレゼンAPU Ver.”の中で多くの方と共有していきたいです」と活動を振り返りました。

ハビタットAPUは、9月16日(金)〜28日(月)の13日間、自転車で野宿をしながら九州圏内を巡り、高校や大学で世界の貧困問題やサークルの活動について紹介する「ちゃりんこプレゼンAPU Ver.」と題した啓蒙活動を予定しています。活動中、以下の各地域で募金活動も実施する予定です。皆さんのご協力をお願いいたします。

ハビタットAPU「ちゃりんこプレゼンAPU Ver.」募金活動スケジュール

9月17日(土)12:00~16:00 熊本鶴屋前
9月21日(水)12:00~16:00 西新エルモールプラリバ前
9月22日(木)13:30~15:00  天神付近
9月24日(土)12:00~17:00 JR黒崎駅前
9月25日(日)10:00~17:00 JR小倉駅前
9月26日(月)10:00~14:00 JR小倉駅前

*Habitat for Humanity International
建築居住者が住宅コストの約3分の1と現場での作業を負担し、ボランティアと共に自分の住居を建築していくことで、ローコストの住居建築を可能とし、また居住者自らが作業・返済を行うことで、与えるだけではなく、居住者の自立も兼ねた支援に取り組んでいる。居住者からの返済金は、家を必要としている次の家族の建築資金として活用され、これまでに約40万軒の家が建築・修繕された。



  • LINEで送る

PAGETOP