立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2020年へ向けて−APU2020ビジョン策定

2011/4/20

APUは、2020年のAPUの将来像を示す「APU2020ビジョン」を策定しました。今後このビジョンのもと、2020年へ向けてAPUの特徴を生かした教学改革、研究、社会貢献活動を推進していきます。
「APU2020ビジョン」は、2010年5月に策定した立命館学園全体の目指す将来像を示す「学園ビジョンR2020」をもとに、教職員が議論を重ねAPUのあるべき姿を構想し、更にAPUの学生、校友、父母、教職員からの意見集約を経て策定に至りました。ビジョンではこの意見集約を反映し、全構成員が共感、一致できるものとしてAPU開学の基本理念である「自由・平和・人間性」を全面に打ち出しています。

APUでは、様々な国・地域から学生を受け入れており、講義の80%を日英二言語で実施し、学生・教員の約半数は外国籍です。こうした多文化・多言語環境での学修を通して、学生は国際性を備えた人材へと成長していきます。この点は日本の大学の中でも抜きん出たAPUの特徴として自負しています。

またAPUの尊い理念の一つでもある平和の精神も、この多文化・多言語環境の中で、日々、育まれているものです。アジア太平洋の多文化社会に時として起こる緊張や軋轢に対しても、学生一人ひとりが国と国、地域と地域を結ぶ未来の架け橋となり、対話による高次元の問題解決やアジア太平洋地域の平和的発展の礎となることを願っています。

APUは今後、日本を代表する国際大学としての価値を確立し、学生、教職員の高度化に取り組み、更なる差別化を図っていきます。

立命館アジア太平洋大学 
学長 是永 駿


「APU2020ビジョン」

「APU2020ビジョン」策定にあたって寄せられた意見はこちらをご覧下さい。(PDFファイル)

 



  • LINEで送る

PAGETOP