立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

春セメスターAPハウス入寮式

学生生活|イベント

2011/4/12

2011年3月31日(木)、学生寮APハウス(*1)の入寮式をAPUミレニアムホールで開催し、29カ国・地域から集まった約500名の新入寮生を歓迎しました。また式には彼らのこれからの生活をサポートする64名のレジデントアシスタント(RA*2)も出席しました。


式では金 賛會学生部長が歓迎の挨拶を行い、新入寮生を代表して梶尾 武志さん(APM1、日本)が新生活への決意を述べました。続いてRAが自作自演によるビデオを上映し、APハウスでの規則やマナーを紹介しました。

引き続きAPUカフェテリアで「歓迎夕食会」を行い、RA一人ひとりが自己紹介と東北地方太平洋沖地震の被災地復興の思いを込めて“We are the World”を歌ったほかダンスパフォーマンスを披露しました。また学生サークル“よっしゃ虎威”が現代風にアレンジした日本の伝統芸能よさこいのパフォーマンスを披露し、新入寮生を歓迎しました。


*1:APハウス
国際学生と国内学生が共同生活を行う学生寮。APUに入学する国際学生は、日本の生活習慣を学ぶために一年目を寮で過ごします。APハウスは単なる生活の場ではなく、生活習慣やルール、マナー、コミュニティの形成などの学びの場でもあります。シングルルーム932室、シェアルーム378室、1310名収容可能。

*2:レジデントアシスタント(RA)
APハウスに居住しながら大学と協力して寮生の生活支援をしている国内・国際学生。
日本に初めて来た国際学生が日本の生活に適応できるよう支援をしたり、寮生の交流促進を図るための様々なイベントの企画・運営などを行ったりしています。

 

 



  • LINEで送る

PAGETOP