立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

安藤百福名誉博士奨学生が日清食品社長を訪問

学生生活

2011/3/2

2011年2月17日(木)、APUの安藤百福名誉博士栄誉賞受賞者2名と安藤百福名誉博士奨学金受賞者7名、立命館大学の安藤百福留学生奨学金受賞者2名が、日清食品グループへの挨拶のために大阪本社を訪問しました。


日清食品ホールディングス株式会社の安藤 宏基社長と役員の方々との懇談会では、安藤社長のご挨拶の後、奨学生一人ひとりがお礼の言葉と将来の目標を話しました。安藤百福名誉博士奨学金受賞者の田中 真仁さん(APS2、日本)は「奨学金をいただき大変感謝しています。高校時代に映像でエチオピアの貧困を目の当たりにして、人々が他の国の現状に関心が持てる社会の実現を目指したいと思うようになりました。その為、現在、交換留学先でジャーナリズムを学んでいます。これからも熱意を胸に前進していきます」と述べました。田中さんは安藤社長より「志高く、清く、あなた自身の持つ正義を貫いて欲しい」と励ましの言葉を受けました。

また、奨学生たちは安藤社長より「企業は大いに国際化しています。学生時代に異文化との交流や異なる価値観に触れて慣れておくことが大切です」と助言を受けました。

その後、奨学生たちは池田市のインスタントラーメン発明記念館で、小さなアイデアが発明のきっかけになったことなどについて説明を受け、実際に自分自身でチキンラーメンの製作工程を体験しました。今回の訪問を通じて、学生達は夢の実現のために、より一層努力することを決意しました。



本奨学金の内容および2010年度の奨学生については、以下の通りです。

安藤百福名誉博士栄誉賞(オナープライズ)
故安藤百福名誉博士(日清食品株式会社 創業者)のご厚意により設立された奨学金であり、学部の卒業予定者で、意欲的な進路の目的を掲げ、将来、アジア太平洋地域で大きな貢献を果たそうとしている者を励ますことを目的としたものです。

2010年度受賞者
BLAVIESCIUNAITE Aiste (APS 2010年9月卒業、リトアニア)
LEE Hee-Woon       (APS 2011年3月卒業、韓国)

安藤百福名誉博士奨学金(スカラシップ)
安藤百福名誉博士栄誉賞同様、故安藤百福名誉博士のご厚意により設立された奨学金であり、在学中に学業成績が優秀で、人格識見に優れ、諸活動においても、リーダーとして顕著な成果を修めた者に対して、支援と奨励を行うことを目的としたものです。

2010年度受賞者
ISLAM MD. Shariful (APS3、バングラデシュ)
沼倉 有沙 (APM3、日本)
DENIS Martyn Francis Mario Andre(APS3、ベルギー)
SANDUIJAV Tserendolgor(APS3、モンゴル)
田中 真仁(APS2、日本)
岡本 裕志(APS2、日本)
TAMBUNAN Nicole Amanda Rubbia (APM 2、インドネシア)



  • LINEで送る

PAGETOP