立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

GBLP4期生が学修成果を発表

教育プログラム|学生生活

2011/2/28

2011年1月26日(水)、日本政府による「アジア人財資金構想」の事業として2007年度にスタートして以来、APUが推進している「グローバルビジネスリーダー育成プログラム(GBLP)」の4期生12名が、今年3月の修了を前に、同プログラムの学修成果を発表しました。


4期生はGBLPで学んだ成果を「生活と勉強」や「インターンシップと就職活動」、「入社一年後の目標と将来の夢」の3つに分け発表しました。発表では後輩へ向けて日々の学生生活や学びに対する姿勢、心構えについてアドバイスしたほか、インターンシップを“日本企業の理解”や“日本語能力の向上”、“自己の成長”、“ヒューマンネットワーク形成”ができる「日本社会への気づきの一歩となる貴重な機会」と位置づけ、インターンシップへの参加を示唆しました。

最後に修了生全員が、「与えられた環境は、決して“当たり前”ではなく、他人から見ればとても贅沢なことです。周りの全てに感謝の気持ちを忘れずがんばってください」と後輩にエールを送り、「私たちは、夢を実現することで支えてくれた社会に恩返しをします」と決意を新たにしました。



GBLP生は、アジア太平洋地域を牽引し、日本経済の発展に貢献する未来のビジネスリーダーを目指す国際学生で、APUの通常履修科目に加えて、学部3回生と4回生の2年間で企業の国際戦略や国際取引、ファイナンス、人事といった各分野の専門知識修得へ向けて、演習やインターンシップを含むGBLP独自の科目を学んでいます。「アジア太平洋の未来創造」を基本理念のひとつとするAPUでは、今後も一層クオリティの高い教育を提供すると同時に、グローバルな人材を育成していきます。

GBLPの詳細についてはこちらをご覧下さい



  • LINEで送る

PAGETOP