立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

交換留学を目指して‐2010年度スーパー留学コース海外・国内研修を実施

教育プログラム|学生生活

2010/9/28

2010年8月、9月、より高い英語力修得と交換留学を目指す「スーパー留学コース(SRC)」に選抜された17名が夏季休暇を利用して、シンガポール、マレーシア、香港、台湾での海外研修と大分県佐伯市での国内研修に参加しました。


今年で4期目となる「スーパー留学コース」(以下、SRC)は、春新入学1回生の中でも“今の英語力に不安はあるが、交換留学をして専門知識を海外で学びたい、将来は国際的な仕事にもつきたい” “同じ目標を持つ仲間と一緒に勉強したい”という高い学習意欲を持った学生が、一年間を通して、英語の学習指導や個別カウンセリングなどのサポートを受けながら、英語力を磨いて、交換留学を目指す正課外コースです。



8月21日(土)〜31日(火)に実施された海外研修では、協定校を含めた大学7校を訪問し、キャンパスツアーやオリエンテーション、現地学生との交流会などに参加しました。大学訪問以外では、地図とヒントだけを頼りに指定された目的地を目指すスカベンジャーハンティング(オリエンテーリング)にも挑戦し、地元の人々と交流をしながらその土地を巡ることで、観光では味わうことができないその土地の特色を体感することができました。また、この海外研修中には、継続的な英語の自主学習と、さらに、同行したAPU英語科教員による細やかな指導のもと、学んだ英語を実際に使う、確認・復習するという、実践的な英語学習も行いました。

続いて9月3日(金)〜9月6日(月)に行われた国内研修では、APU英語科教員による特別授業や個別指導の他、大学4年間の学修計画と将来の目標について具体的に考えるアクティビティ、海外研修中に行ったグループ調査結果の発表大会など、研修全体での経験や学習効果を相乗的に高めるための多彩なプログラムに参加しました。また、交換留学から帰国したSRC1期生を含めたAPUの先輩学生もボランティアとしてこの国内研修に参加し、留学相談や学習補助など後輩SRC生のサポートに貢献しました。



SRC4期生の馬場 敬介さん(APM1、日本)は「海外で起業するという夢の実現を目指してAPUへ入学し、SRCに参加しました。海外研修は、各国の文化の違いを実際に自分の体験として感じることができた貴重な機会となりました。国内研修で先輩SRC生から聞いた留学体験談は、私たちが目標とする留学をより身近なものにしてくれました。研修を通じてメンバー間の繋がりを作ることもできました。これからも同じ目標に向かって共に努力し、留学を目指して行きます。」と研修を振り返り、今後の抱負を話しました。

夏の研修を終えたSRC生は、互いに助け合い時には競い合うチームマインドを培いました。また同時に、個々の目標も再確認しました。これからは、全員が気持ちを新たにして、それぞれの学修計画に合った留学を目指します。




  • LINEで送る

PAGETOP