立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

グローバルビジネスリーダーを目指して:ビジネスケースチャレンジ・スプリング2010開催

学生生活

2010/9/22

2010年7月8日(木)〜11日(日)、APU学部生を対象に学生サークル「グローバルビジネスリーダーズ」が「グローバルビジネスリーダーズ:ビジネスケースチャレンジ(GBL-BCC 2010)」を開催しました。プレゼンテーションの準備と予選はAPUキャンパスで実施し、最終審査とレセプションを別府市内のホテル望海で行いました。


GBL-BCCは、7年前にDRUMMOND, Damon APM准教授によって紹介されました。その後、学生が中心となって経営に関連する活動や議論を行うための場として、また学生のリーダーシップ力を養う場としてAPUサークル「グローバルビジネスリーダーズ」が主催しています。

今回のGBL-BCC2010ではKUO Li-Weiさん (APM2、台湾)とTAN Yaxingさん (APS1、中国)が代表を務めました。KUOさんは「ビジネスケースチャレンジ2010は、APU生に、自分自身への挑戦の場と、授業で修得した力を発揮する場を提供することを目的としています」とイベント開催の意義を述べました。



今年のGBL-BCCでは、各チームが中国の自動車メーカー“Geely”の経営コンサルタントに扮し、経営難に陥っているスウェーデンの名門自動車メーカー“Volvo”買収の過程の中で、Geelyが直面する問題点の解明と分析を行い、新たな企業戦略を提案しました。各チームは事例の検証と戦略の組み立て、プレゼンテーションの準備を20時間内に行い、20分で発表しました。3チームが予選ラウンドを通過し、翌日、BCC関係者や審査員の前で最終発表を行いました。

優勝チームのメンバー Zonaさん(APM3、インドネシア)は「メンバーと20時間かけてアイデアを思いつく過程で得た技術こそ、優勝に勝る、この大会で得た最も重要なものでした」と4日間に渡った挑戦を振り返りました。

優勝チームは11月に香港科学技術大学で開催されるCiti International Case Challenge (CICC)に、APU代表として参加する予定です。彼らの健闘を期待しましょう。



優勝:チームB3
ANGELIA Elektrina (APM4、インドネシア)
Garri Juanda (APM3、インドネシア)
NUGROHO Katarina Marsha Utama (APM4、インドネシア)
Zona (APM3、インドネシア)

準優勝:チームA3
AKKARADILOKPHAT Kamonsit (APM2、タイ)
BUNDITVATIDKUL Varunpat (APM3、タイ)
PRAYOONRAT Jidapa (APM2、タイ)
WELLERS Jean-Marc (student auditor、フランス)

ベストスピーカー賞:
1位Garri Juanda (APM3、インドネシア)
2位PRAYOONRAT Jidapa (APM2、タイ)

取材:NUGROHO Katarina Marsha Utama (APM4、インドネシア)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>




  • LINEで送る

PAGETOP