立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU女子陸上競技部 全日本大学女子駅伝出場権獲得!!

2006/8/4


9月2日、第13回九州学生ロードレース選手権が福岡市の海の中道海浜公園で行われ、5キロのロードレースにAPU女子陸上競技部7人が出場し、マリー・ワシュカさん(APS1回生、ケニア)が16分50秒で優勝しました。また、濱田美菜子さん(APS、1回生)が17分38秒で6位に、宇佐美祐子さん(APS、2回生)が17分48秒で8位になりました。




この大会は、11月末に仙台で行われる第23回全日本大学女子駅伝対校選手権の九州地区予選会をかねており、各大学の上位6名の合計タイムが2位までに入賞すれば出場権が得られます。APUは、惜しくも福岡大学に優勝の地位を奪われたものの1時間47分35秒のタイムで5年連続で出場権を獲得することができました。

出場した岡本美月さん(APS4回生)は、「通常より3週間早い試合で 残暑が厳しい中、みんな頑張ったと思います。今回は、女子陸上部のエースであり 全日本インカレ5,000メートルで優勝したマリー・ワンガリ選手(APS1回生、ケニア)が欠場したため、みんな緊張していましたが、メンバーの彼女を大会に連れて行きたいという思いもあり、今回の結果を収めることができました。私自身は、楽しんで走ることができ、自己ベストを出せました。暑い中、応援にかけつけてくださった方々、ありがとうございました。」と試合当日を振り返りました。



今回2位になった悔しさは全国大会にぶつけていきたいと思います。
なお、全日本大学女子駅伝対校選手権は11月27日(日)、仙台で開催します。
今後も、応援をよろしくお願いいたします。

『予選会タイム』 
立命館アジア太平洋大学 1時間47分35秒(第2位)
福岡大学         1時間47分30秒(優勝)


  • LINEで送る

PAGETOP