立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ベトナムウィーク2010グランドショー「A-thousand-year rivalry」

学生生活|イベント

2010/6/25

2010年6月18日(金)、ベトナムウィークのグランドショー「A-thousand-year rivalry(千年に及ぶ対立)」を開催し、2010年度のベトナムウィークは大成功を収めました。ベトナム国旗と同じ赤のTシャツを着た大勢のベトナム人学生、国際学生、国内学生は、夏の雨に勇敢に立ち向かい、ミレニアムホールに集結しました。


グランドショーは、写真コンテストとベトナムの歌“ハローベトナム”のカバービデオコンテストの優勝者の発表で幕を開けました。続いて、観客は約1000年前、Hung Vuong王の時代のベトナムの魅力的な場面に誘われました。プログラムはMy Nuong姫をかけて争う山の神 Son Tinhと海の神 Thuy Tinhの千年に及ぶ対立を描いたベトナム神話に沿って進んでいきました。また、伝統舞踊やベトナム様式の結婚式や披露宴のパフォーマンスに加えて、山の神と海の神の衝突を表現したベトナム武術の演舞など、観客にベトナム文化を深く印象づけました。



「The thousand-year rivalry(千年に及ぶ対立)」はMy Nuong姫の愛を獲得するために争う山の神と海の神の壮大な争いを描いたベトナムの有名な神話です。山の神 Son Tinhは姫の愛を獲得し結婚しますが、結局、傷心の海の神Thuy Tinhが引き起こした洪水、大雨、高波による攻撃を受けてしまいます。ベトナムでは、毎年同国を襲う洪水を、この神話になぞり、Thuy TinhがSon TinhからMy Nuong姫を横取りしようと攻撃を試みていると考えています。



友人のベトナム学生を応援しようと会場を訪れたANUNTAWONG Siripaさん(APS4、タイ)は「山の神と海の神との争いをテーマとしたグランドショーにとても感動しました。今回現代風の舞踊がとても印象に残っています。来年のベトナムウィークではより伝統的な舞踊も楽しめることを期待しています」とショーの印象を話しました。

グランドショーの監督を務めたNGO Hong Vuさん(APM3、ベトナム)は「ベトナムウィークに関わったベトナム人学生や国際学生、国内学生、全ての学生の膨大な努力を集結し、ベトナムウィークのグランドショーを成功させることが出来ました」とショーを誇らしげに振りかえりました。

取材:HA Thanh Binh(APS2、ベトナム)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant(SPA)>






  • LINEで送る

PAGETOP