立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ヤマト運輸株式会社 代表取締役社長によるトップセミナーを開催

講演・シンポジウム|来学者

2010/5/26

2010年5月20日(木)、ヤマト運輸株式会社代表取締役社長の木川 眞氏を講師として迎え、「アジアNO.1 の物流プロバイダーに向けて—ヤマトをアジアに—」と題したトップセミナーをRCAPS研究会議室で開催しました。


木川氏は創設90年、日本一の規模を誇る運輸会社の社長として、会社紹介や経営理念、今後の事業戦略について紹介され、「運輸業をサービス業として考え、人とのつながりを大切にしています。我々の仕事はものを運ぶことを通して人の気持ちと伝えることです」と述べました。また、ヤマト運輸が毎年のように新規事業に着手し、創業から右肩上がりの成長を続けていることに対し、「成熟したマーケットの更なる成長は難しいため、企業は常にチャレンジを続け、新規事業に力を注いでいかなければならない」と述べました。

講義後の質疑応答では、聴講した学生から「新規事業へのチャレンジを続けることは難しいのではないか」という質問に対し、木川氏は「新規事業を始めることは難しいが、お客様のためになることを第一に考えながら、社内で何度も話し合いを繰り返し、アイディアを浮かべている」と答えました。また木川氏は「将来我が社の行うサービスがアジアの運輸業界のスタンダードとなり、それがやがてグローバルスタンダードになるかもしれない」と今後のヤマト運輸の事業の展望について話しました。

取材:永野雄太(APS2、日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>





  • LINEで送る

PAGETOP