立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

高大連携の取り組み−第3期 岩田学園APU・立命館コース開講式

教育プログラム|連携事業

2010/4/28

2010年4月21日(水)、APU大学院棟で、岩田学園 APU・立命館コース APU講座Ⅰの開講式を行いました。立命館大学、立命館アジア太平洋大学と大分市の岩田学園は2007年5月に高大連携に関する協定を締結し、岩田学園 立命館・APUコースを開設しています。


「岩田学園APU・立命館コース」は中学、高校、大学、大学院一貫教育で学ぶことによって、大分から世界を目指す人材の育成を目指しています。今年3年目を迎えた本コースでは、新たに14名の新一年生が加わり、学校法人立命館と岩田学園が設計したコースカリキュラムのもと学習していきます。

開講式では、PORTER, Edgar APU学長特命補佐が「グローバルビレッジのようなAPUの環境の中で、皆さんの将来の目標達成に向けて、APUの先生や学生を手本としてがんばってください」とコース生を激励しました。続いて新コース生を代表して宮崎 紀さんが「このプログラムに参加できてとても光栄です。私たちコース生はこれから一生懸命学んでいきます。また、APUの国際学生や先生方、ティーチングアシスタント(TA)と交流を楽しみにしています」と抱負を述べました。

最後に平田 純一副学長が入校許可証としてライブラリーカードを手渡し開講式は閉会しました。閉式後、新コース生はカフェテリアでの懇親会やキャンパスツアー、AP言語入門クラスに参加し、APUの国際的な環境を体験しました。

取材:Virgi Agita Sari(APM3、インドネシア)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>






  • LINEで送る

PAGETOP