立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUと国際系3大学が連携協定を締結

連携事業

2010/4/23

2010年4月16日(金)、立命館アジア太平洋大学(APU)と国際教養大学、国際基督教大学、早稲田大学の4大学は、世界に通用する教育を提供し国際社会で活躍できる人材の育成を目指し、連携協定をリーガロイヤルホテル東京で締結しました。


連携協定は、国際的人材の育成において、既に先導的に多様な取り組みを実施してきた4大学が、共に協力し合い、より一層の日本の教育環境の整備や教育の質向上の推進を目的としています。

今後、4大学間で、学生の交流や共同教育の実施のほか、キャリア支援や大学教職員の能力向上へ向けた共同運用などに取り組みます。国内学生に対しては、世界標準の教育と国際的な学びの場を提供し、国際学生に対しては一層充実した学位プログラム・相互互換プログラムの提供し、日本と母国の架け橋となる人材育成を目指していきます。

連携協定締結を受けて、是永 駿APU学長は「ますますグローバル化する社会の中で、高等教育を受けることを希望する途上国の若者、日本に関心を持つ世界中の若者を受け入れ、多文化環境での学びの場と世界に通用する教育プログラムを提供します。APUは国際社会と日本が真に求める国際大学を目指し、新しいチャレンジを続けていきます」とコメントを残しました。

続いて「日本の大学教育は世界に通用するか 〜グローバル社会で活躍する人材の育成を目指して〜」と題したシンポジウムを開催し、4大学の学長・総長に加え、小松親次郎 文部科学省高等教育局審議官、横山晋一郎 日本経済新聞社編集委員、有馬利男 富士ゼロックス株式会社相談役特別顧問が参加し、今後の大学教育の有り方や大学が果たすべき役割などについて活発な意見交換を行いました。




  • LINEで送る

PAGETOP