立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

入学前学習プログラム表彰式を開催

教育プログラム|学生生活

2010/4/15

2010年4月9日(金)、APUの入学前教育の一つである「APUノート」の優秀者および入賞者6名と、「交換留学準備プログラム」で優秀な成績を収め交換留学の内定を受けた9名の努力と成果を称え、表彰式を行いました。


近藤 祐一APS教授(教学部副部長)は「これからのAPUの学修の中で、一日一日を大事にして自身のキャリアアップに努めて下さい。今日の表彰は皆さんを後押しするきっかけの一つになるでしょう。今日選ばれた皆さんの活躍を期待しています」と受賞者を激励しました。

続いて是永 駿APU学長が「APUのNew Decade(新たな10年)を作るのは皆さんです。皆さん一人ひとりが強い意志を持って物事に励むことで、APUはよりよいものになるでしょう。頑張ってください」と挨拶し、受賞者一人ひとりに賞状を手渡しました。

「APUノート」の最優秀賞に選ばれた大髙 文音さん(APM1、日本)は「97カ国・地域すべてを調べて提出しなければならないと知った時は驚きましたが、手を抜かず頑張ってよかったです。それぞれの国・地域について調べるうちに、より知識を深めたい事柄も出てきたので、これからAPUでそれらを追求していきたいです」と抱負を述べました。

「交換留学プログラム」派遣候補者に選ばれた佐々木 和葉さん(APM1、日本)は「APUの国際的な環境の中で、多くの友人をつくりたいです。そして留学を通じて自分の夢の実現へ向けてがんばります」と今後のAPUでの学修へ意欲を示しました。

APUノートは、入学前からAPUの多言語・多文化環境への理解を深め、入学後に多様な学生と交流を図れるよう事前知識を身につけることを目的としています。新入生はAPUに在籍する国際学生の出身国である97カ国・地域を自身が定めたテーマにそって調べ1国1ページでまとめます。また、「交換留学準備プログラム」は英語能力が高く、APUの交換留学プログラムへの参加を希望する早期合格者を対象としたプログラムで、参加学生は日本語/英語の課題図書を題材に定期的にレポートを提出し、専門家の添削を受けました。

APUでは新入生がAPUでの学修や学生生活によりスムーズに溶け込めるよう、今回紹介した2つのプログラムの他にも多様な入学前教育を実施しています。

※APUの初年次教育については、こちらをご覧下さい。

取材:一色 恒佑(APS4、日本)

 

APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>






  • LINEで送る

PAGETOP