立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUサークルOnes’1 Fair-Tradeが立命館宇治高校で交流会を開催

学生生活

2010/3/31

2010年2月14日(日)、APUフェアトレードサークル“Ones’1 Fair Trade”が、立命館大学で同様の活動を行うサークル“beleaf”と共同で、立命館宇治高校の高校生と交流会を開催しました。
交流会は毎年恒例のOnes'1 Fair Tradeとbeleafとの交流合宿の一環として行ったもので、高校生のフェアトレード(*)や国際協力への理解促進を目的としています。

参加した高校生は、サークル学生の指導のもと、先進国と発展途上国、後発発展途上国に分かれ、産品の売買による利益の総額で勝敗を決める「貿易ゲーム」を通して、実際の貿易システムやフェアトレードいついて学びました。ゲームを終えて、参加した高校生は「国と国との交渉の難しさがわかった」や「貿易システムについて理解が広がった」などの感想を寄せました。

今回のAPUと立命館大学、宇治高校の3校による交流は初めての試みでした。今後こうした交流の輪が宇治高校だけでなく立命館学園全体にも広がっていくことが期待されます。

*フェアトレードとは
世界の貧困の軽減、持続可能な社会の促進を目的とし、発展途上国の原料や製品を適正な価格で購入することによって、途上国の生産者や労働者の自立、生活改善を目指す運動



  • LINEで送る

PAGETOP