立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

大学教育の国際化推進プログラムに採択されました

2005/8/3

平成17年7月、APUは大学教育の国際化推進プログラム(海外先進教育実践支援)に採択されました。
「大学教育の国際化推進プログラム(海外先進教育実践支援)」とは、文部科学省が「我が国の高等教育の国際的通用性・共通性の向上を図るため、大学等の教職員を海外の教育研究機関等に派遣し、教育能力の向上及び教育内容・方法等の改善を図る優れた取組みを選定し財政支援を行うことで、高等教育改革を一層促進させることを目的」として6月に公募が行われたものです。
全国の大学、短大、高等専門学校から合計で101件の申請があり、本学を含めて19件が採択されました。
取組み名称:
グローバル・アクティブ・ラーニングの開発
(知識・経験・交流を連携させた教育プログラムの開発)

取組みの概要:
本学では、平成18年度からカリキュラム改革を実施します。その主な取組みの一つが「グローバル・アクティブ・ラーニング」の開発です。グローバル・アクティブ・ラーニングとは、学生の約半数が外国籍という本学の国際的人的構成と多言語・多文化環境を活かし、日本人学生、留学生が共に留学生の出身地など世界各地において、知識と経験や交流を連携させて学ぶ現地参画型・臨地学習の機会を提供する教育システムです。
本取組みは、教職員による海外教育研究機関の先進的なアクティブ・ラーニング実施事例の調査・研究を行い、本学の教育目標に合わせた教育プログラムを開発するものです。


  • LINEで送る

PAGETOP