立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU学生団体「PRENGO」ソニーマーケティング学生ボランティアファンド報告会参加

2005/6/26

6月18日(土)、APUの学生団体PRENGOが東京の明治学院大学白金キャンパスにて、国内の大学生団体のボランティア活動を支援する「ソニーマーケティング学生ボランティアファンド」の報告会に参加しました。出席したのは、代表の若林泰宏さん(APM3回生)、鈴木啓司さん(APM2回生)、石丸久乃さん(APS2回生)、ASSAWAPRAPA. Paneeさん(APS2回生、タイ)の4名です。PRENGOは、国境を越えて子供たちの教育環境の改善に取り組むことを目的に結成されたAPUの登録団体サークルです。これまで、タイ王国の小学校を繰り返し訪問し、子供たち1人ひとりの経済支援を行う里親制度を設けたり、生活・教育支援による識字率の向上を図ったりするなど様々な活動を行ってきました。これらの活動は、いずれもAPUのアジア太平洋学とアジア太平洋マネジメント学を活かした地域開発といえます。



今回の報告会は、全国から選ばれた22団体が集まり、中でもプレゼンテーションができるのは、5団体と限られていました。当日はソニーマーケティング株式会社社長、常務取締役、明治学院大学理事長、明治学院大学学長、他大学の学生等およそ100名を前に5団体の中のトップバッターを務め、今年2月に17日間に渡って行ったタイ研修の結果報告を織り交ぜながら、助成金の用途を説明しました。



若林さんは「この活動をステップアップさせつつ持続していきたいです。会場では、他の大学との交流もあり、刺激を受けました。同時に、相手にも刺激を与えることができたと自負しており、これまでの活動に手応えを感じています。」と語ってくれました。

現在PRENGOは、タイのラヨン県バンチャン市の小学校の教育支援をしています。今後は、タイを中心とした支援地域の拡大を目指しています。


  • LINEで送る

PAGETOP