立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

防衛省顧問 増田好平氏がAPUで特別講義

講演・シンポジウム|来学者

2010/1/25

2010年1月19日(火)、藤村 和広APS教授の特殊講義「外交におけるインテリジェンス」の授業に、防衛省顧問(前事務次官)の 増田好平氏を迎え特別講義を行いました。


増田氏は1975年に防衛庁(現在の防衛省)に入庁されて以来、日本の防衛分野の第一線で活躍され、防衛計画の大綱、国際平和協力法やテロ対策特措法など多くの重要な業務に携わってきました。今回の特別講義の中で増田氏は、防衛省・自衛隊の現状、日本を取り巻く安全保障環境、日本の安全保障政策の今後の課題などを幅広く取り上げ、ご自身の実務経験を踏まえて説明をされました。

教室では約200名の学生が増田氏の特別講義に真剣に耳を傾けました。講義後、学生からは「防衛に関する様々な事項についてスペシャリストである増田氏の「生の声」が聴けて非常に有意義であった」、「防衛省についてはテレビなどで見聞きするだけだったが、実際に実務を担当された方の話は説得力がありわかりやすかった」などの感想が寄せられました。

日米安全保障条約署名50周年に当たったこの日、特別講義を聴講した学生たちにとって、日本の防衛や安全保障について改めて思いを巡らす時間となりました。



  • LINEで送る

PAGETOP