立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

経済産業省事務次官 望月晴文氏の特別講演を開催

講演・シンポジウム|来学者

2009/12/8

2009年12月1日(火)、APM学部長の横山 研治教授の授業「国際貿易論」で、経済産業省事務次官 望月 晴文氏が、「日本の経済成長戦略〜アジアとともに成長する〜」と題した特別講演を行いました。


望月事務次官は人口の減少と経済成長の因果関係について触れ、「人口が減少傾向にある日本が経済成長を続けていくためには、人口が増加し経済成長の著しいアジア市場に目を向け、アジアとともに成長していくことが重要です。更に、アジア市場で成功するためにはアジア地域のニーズに適った製品開発に取り組み、また複数の企業が共同で事業全体に関わるシステムの構築が必要となります」と述べました。

質疑応答では、学生から「アジアのインフラ整備と日本のODAの取り組み」や「企業のアジア戦略に対する政府の支援」などについて、積極的に質問が上がりました。
会場となった大教室には約200名の学生が聴講に訪れ、経済分野における日本のトップ行政官の言葉に真剣に耳を傾けました。



続いて行われたモンテ カセム学長と是永 駿副学長との懇談の中で、望月事務次官からは、「アジアをはじめ世界中の学生が集い、ともに学ぶAPUは時代にマッチした大学であり、10年前にアジアに注目したことは先見の明があった。今後のAPU学生の活躍に期待したい」と激励の言葉をいただきました。



  • LINEで送る

PAGETOP