立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

第7回外国人日本語スピーチコンテストでAPU生が2、3位に輝く

学生生活|受賞

2009/11/13

2009年10月20日(火)、APUの国際学生5名が大分市の楊志館高等学校で開催された「第7回外国人による日本語スピーチコンテスト」に出場し、Dyah Ayu Kusumawardhaniさん(APM3、インドネシア)とDISSA Syakinaさん(APM4、インドネシア)が2位と3位を獲得しました。また、大会にはAPUから全5名が出場し、全員が入賞しました。


5名のAPU学生のほか、大分大学や別府大学から総勢12名が出場した今年の同大会で、KusumawardhaniさんとDISSAさんはそれぞれ「私の中のロミオとジュリエット〜家族愛の大切さ〜」と「大分県での楽しいムスリムの生活」をテーマに発表し、流暢で正確な日本語で、審査員や観客に感動を与えました。

大会を振り返ってDISSAさんは「日本語スピーチコンテストへの参加は初めてでとてもワクワクしていました。他の出場者は皆、流暢な日本語を披露していて、3位入賞者に自分の名前が呼ばれた時はとても驚きました。入賞に当たって、発音やアクセントを丁寧に指導してくれた渡辺若菜先生と、何よりもスピーチテーマのインスピレーションを与えてくれた私の母に、感謝しています」と感想を述べました。



学校法人後藤学園が開催するこのスピーチコンテストは国際文化への理解促進を目的に、日本滞在5年未満の外国人を対象に、毎年行われています。また今回のコンテストの様子は地元テレビ局のニュースでもオンエアされました。

第7回外国人日本語スピーチコンテスト 入賞者
優秀賞・朝日新聞社賞(第2位):
Dyah Ayu Kusumawardhani さん(APM3、インドネシア)
タイトル「私の中のロミオとジュリエット〜家族愛の大切さ〜」
優良賞(第3位):DISSA Syakina さん(APM4、インドネシア)
タイトル「大分県での楽しいムスリムの生活」
OBS大分放送賞:VU Thi Minh Trangさん(APS1、ベトナム)
タイトル「私を成長させるチャンス!」
TOSテレビ大分賞:TSEVEGJAV Zolzayaさん(APM3、モンゴル)
タイトル「私のベストフレンドは67才」
西日本新聞社賞:HOSSAIN Imamさん(APM3、バングラデシュ)
タイトル「外国人と日本人の友好関係をもっとよくするために」

取材:NUGROHO Katarina Marsha Utama(APM3, インドネシア)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>





  • LINEで送る

PAGETOP