立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

女子陸上部ワンガリ選手(APS 1回生) 日本学生陸上選手権で優勝!!

2005/7/4

APU女子陸上部のメリー・ワンガリさん(APS 1回生)が7月1日から3日に東京・国立競技場で開催された「天皇賜杯 第74回日本学生陸上競技対校選手権大会」に出場し、女子5000メートルで見事優勝を飾りました。


この大会は種目別の学生日本一を競うもので、女子5000メートルには47名のランナーが出場しました。

初出場のワンガリ選手はスタートからトップ集団に位置し、最後の1周で他の選手を振り切って、自己ベストの15分56秒34のタイムで優勝しました。
また、1500メートルの部では、マリー・ワシュカさん(APS 1回生)が4分28秒20のタイムで8位に入っています。



さらに同日、本校の卒業生でAPU女子陸上部に所属していた佐藤由布子さん(APS卒業・サニックス)が、オーストラリアで開催されたゴールドコーストハーフマラソン2005に出場し、1時間12分47秒のタイムで優勝したという嬉しいニュースも飛び込んできました。

こうした先輩の活躍が伝えられる中、ワンガリ選手、ワシュカ選手とともにAPU女子陸上部は、9月に開催される全日本大学女子駅伝の予選会、「九州ロードレース選手権」に出場するため日々練習を重ねています。
5年連続の全日本女子駅伝への出場、そして本大会での上位入賞に向けて、皆さんの益々の声援をお願いします。


  • LINEで送る

PAGETOP