立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

SYLFF奨学基金記念式典を開催

2009/11/6

2009年10月19日(月)、笹川良一ヤングリーダー奨学基金によるAPUへの寄付を記念し、記念式典を行いました。基金はAPUの大学院で人文科学や社会科学を学ぶ学生の奨学金支援として活用されます。


当日は日本財団の笹川 陽平会長と常務理事 田南 立也氏、東京財団から奨学事業担当常務理事 松信章子氏など10名がAPUを訪れ、APUからはカセム学長やクーパー副学長、若林副学長を初めとする役員が一行を歓迎しました。

日本財団の笹川会長はAPUへの奨学金設立を決めた理由を「21世紀の世界に必要なのは世界的な問題に立ち向かっていける国籍を超えた優れた人材です。我々がこれまでにSYLFF奨学金の対象とした69の大学はこのような人材育成に力を注いでいます。世界地図や大学リストを見ながら検討した結果、この大分県に位置するAPUこそSYLFFが期待する様々な成果を成し遂げることができる大学だと確信しました」と述べました。

それを受けてモンテ カセム学長は「現在東京に大使館を持つ国の数よりも、学生の国籍が多様なAPUで、1万3000人に及ぶ世界中のSYLFF奨学生と協力することによって、更にAPUと世界の境界が縮まることが出来るでしょう」と答えました。

1987年に日本財団によって設立されたSYLFF(プログラム運営:東京財団)の支援を受けている教育機関は世界44ヶ国69箇所に及びます。国家・宗教・民族などのあらゆる差異を超え、文化や価値の多様性を尊重し、人類の共通の利害のために貢献するリーダーを育成することを目的としたSYLFF奨学基金によって延べ10,000人の学生が支援を受けています。

笹川良一ヤングリーダー奨学基金(SYLFF)http://www.sylff.org
東京財団ホームページhttp://www.tokyofoundation.org/en/
日本財団ホームページhttp://www.nippon-foundation.or.jp/eng/

取材:JIMENEZ(GSAD、フィリピン)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>




  • LINEで送る

PAGETOP