立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUサムルノリチーム「シンミョン」が韓国の大会で特別賞を受賞

学生生活|受賞

2009/11/2

2009年10月16日(土)、APU学生サークルのサムルノリチーム「シンミョン」のメンバー12名が、韓国ヨス市で開催された第11回ヨスジンナム全国国楽大会でサムルノリを披露し、特別賞を受賞しました。


ヨスジンナム全国国楽大会は、社団法人郷土民族文化保存会とヨス市が主催する韓国でも有名な大会です。韓国の伝統芸術の活性化と、優秀な新人国楽(*)家の発掘を目的としており、アマチュア国楽家にとってはプロへの登竜門といわれる大会です。シンミョンはインフルエンザの影響により中止となった大学生部門に登録していましたが、主催者の好意により招待チームとして参加し、サムルノリを披露しました。

会場となったヨス市民会館には大勢の観客が詰め掛け、シンミョンは満員の観客の前で日頃の成果を披露しました。当初、日本から来た団体として注目されたシンミョンでしたが、その卓越した演奏に、立ち上がり歓喜の拍手を送る観客の姿も見られました。当日の様子は地元メディアでも取り上げられ、大会からは特別賞を贈られました。

シンミョン代表のKOO Kyo Yeonさん(APS 2、韓国)は「母国では余り興味を持たなかったサムルノリでしたが、APUの入学式で観たシンミョンのパフォーマンスと、そこにいる世界中の学生の反応に感動し、自分もたくさんの方を韓国の伝統音楽で感動させたいとシンミョンに参加しました。今回、母国でも認められるような演奏を披露することができ、とてもうれしいです。これからもより多くの皆さんにサムルノリの素晴らしさを伝えて生きたいです」と抱負を話しました。

シンミョンは2002年に設立し、現在20名のメンバーが学内外で積極的に演奏活動を行っています。11月23日(月)には玖珠町で開催される「第9回玖珠町歳末たすけあいチャリティーショー」にも出演予定です。皆さん、本場韓国でも認められたシンミョンのパフォーマンスをご覧になってはいかがでしょうか。

第9回玖珠町歳末たすけあいチャリティーショー
日時:11月23日(月)18:00〜(開場:17:30)
会場:くすまちメルサンホール
入場料:1500円

*国楽:パンソリ(歌謡)、器楽、舞踊、サムルノリ(*)、ゴス(伴奏)の5つの韓国伝統芸術の総称。
*サムルノリ:韓国語の“4つの”を意味する「サムル」と“遊び”を意味する「ノリ」を合わせた「サムルノリ(直訳:4つのものの遊び)」は4種の韓国伝統楽器による演奏を意味しています。




  • LINEで送る

PAGETOP