立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

Beach House Project09がチャリティーイベントを開催

学生生活

2009/11/2

2009年10月10日(土)、11日(日)に別府市的ケ浜公園のスパビーチでAPU学生イベント団体BEACH HOUSE PROJECTが様々な地域の人々とのネットワーク構築と地域の活性化を目的としたチャリティーイベント、「BEACH HOUSE PROJECT 09」を開催しました。


このイベントは2006年から実施し、今年で4回目となります。「人と人を繋げる空間の創造」をコンセプトにかかげ、スポーツや音楽、一つのものを共有しあうことで懇親を深め、別府市のみならず県内の広い範囲でのネットワーク構築と地域活性化を目指しています。Beach House Projectはスパビーチでの清掃活動やイベント開催のみならず、昨年はNPO団体への募金活動など活動の場を広げてきました。今年は10日にスポーツデー、11日にミュージックデーを催し両日とも大いに盛り上がりました。

快晴の空へと何本もの色とりどりのペットボトルロケットを打ち上げ、2009年度のBeach House Projectは幕を開けました。10日(土)に行ったスポーツデーでは砂浜に特設されたコートでビーチバレーやビーチバスケットボールの試合を行い、ゲーム展開に会場からは大きな声援が挙がりました。また当日来場した観客も参加できるビーチフラッグでは、一般市民の方も多数参加し、大いに盛り上がりました。夜にはゲストスピーカーとして別府市市役所に勤務される安部 純子さんが別府の過去、現在、未来についてトークショーを行いました。



翌日行ったミュージクデーではAPUサークル和太鼓「楽」、別府出身アーティストのHot Springのほかプロアーティストを招いたショーを行いフィナーレには有名アーティストが設立したレーベルからのアーティストの「NAO」も出演し、会場を熱狂の渦へと巻き込みました。

Beach House Projectのメンバーの一人は、「自分たちメンバーの力だけでなく大分市や別府市、地元企業などの方々の協力や関わりに感謝して地域だけでなく様々なつながりをもっと大事にしていきたいです。そしてつながりの大切さをイベントに来場されたお客様に感じてもらいたいと思います」と話しています。

取材:保坂 亮介(APS2、日本)
APU学生広報スタッフ<Student Press Assistant (SPA)>





  • LINEで送る

PAGETOP