立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

バレー部が創部10周年記念OBOG戦を開催

学生生活

2009/10/19

2009年10月3日(土)、APU公認団体女子バレーボール部とAPUサークル男子バレーボール部が卒業生を迎え、創部10周年記念OBOGバレーボール大会をAPU体育館で行いました。


当日はバレー部のOBOG約30名と現在所属する部員18名、また顧問の薬師寺 公夫副学長や前顧問の福谷正信APM教授が参加し、血液型に分かれた男女混成チームがトーナメントで優勝を争いました。バレーボールとは縁遠くなったOBOGも現役部員に負けまいと活躍し、白熱したゲームとなりました。薬師寺副学長もチームの一員として参加し、学生とともに汗を流しました。

今回の記念大会を振り返って、女子バレーボール部代表の田﨑 有貴さん(APS3、日本、)は「当日はたくさんのOBOGの方に参加してもらい、バレー部立上げやこれまでの活動について貴重な話を聞く機会となりました。試合の後、OGから“歴代の顧問の先生や先輩などいろいろな人に支えられて今のバレー部があることを忘れないで活動を続けて”というエールをもらいました。これからも感謝の気持ちを忘れずにプレーを続けていきたいです」と話しました。

女子バレーボール部は2000年に設立し、県内大学リーグでは上位を争う強豪校のひとつとして活躍しています。“心機一転 善戦全笑”をスローガンに、九州大学リーグでの昇格を目指して練習に励んでいます。



  • LINEで送る

PAGETOP