立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

学生サークルSun Piccolo Projectがフィリピンでスタディツアーを実施

学生生活

2009/9/18

2009年8月31日(月)〜9月8日(火)、児童買春撲滅をテーマに活動するAPU学生サークルSun Piccolo Projectのメンバー3名がフィリピンへのスタディツアーを実施しました。
今回のスタディツアーでは、マニラで児童買春を受けた子どもたちを保護しセラピーを行う団体「PREDA基金」を訪問し、実際に子ども達との交流を通して、心に傷を負った子どもたちへの接し方や話し方、児童買春が子どもたちに及ぼす影響について学びました。また同基金が行う、栄養失調の小学生に無償で給食を配給する「FEEDING PROGRAM」への参加や、同基金のフェアトレード事業の現場視察も行いました。

ツアーを振り返ってサークル代表の山本 祥子さん(APM2、日本)は「今回のスタディツアーを通して一番心に残ったのは、子どもたちの満面の笑みです。私たちが交流した子どもたちは、決して十分な生活をしているとはいえませんが、強く、たくましく生きていました。今後彼らの生活や教育を支援できるような活動をサークルのメンバーと計画していきたいです」と現地での感想と今後の抱負を話しました。

Sun Piccolo Projectは2003年に設立、現在15名のメンバーが現地へのスタディツアーや学内での啓発活動など、児童売春撲滅を目指して活動しています。昨年8月にはカンボジアの児童保護施設を訪問し、現地のNGO団体AFECIPにいる子供たちとの交流を行いました。また今年の天空祭でツアーの報告会と同基金から購入したフェアトレード商品の販売を予定しています。




  • LINEで送る

PAGETOP