立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

コロンビア大使がAPUを訪問

来学者

2009/5/21

2009年5月18日(火)、駐日コロンビア大使館特命全権大使CARDENAS Patricia閣下がAPUを訪問され、クーパー副学長と懇談しました。


CARDENAS閣下とクーパー副学長は大分発祥の一村一品運動とアジア太平洋地域へのコロンビアの関心について様々な意見交換を行いました。会談の中でクーパー副学長はAPUの紹介や一村一品運動とコロンビア、APUの三者が協力できる可能性について説明し、「前大分県知事は一村一品運動という素晴らしい活動を提唱しました。そのおかげで大分県は社会基盤、経済の両方で発展してきました」と話しました。それを受けてCARDENAS閣下は、「一村一品運動はコロンビアでも浸透してきており、そのため我々は大分県やAPUと密接な関係をつくることを切望しています」と話しました。

さらに、コロンビアの大学との協力や交換留学生派遣など可能な協力関係について懇談しました。

会談の最後にCARDENAS閣下はAPUを支援する組織「アドバイザリー・コミッティ(AC)」に就任いただくことに同意され、クーパー副学長にコロンビア特産のコーヒーをプレゼントされました。

その後一行はカフェテリアや図書館などAPUキャンパスを視察しました。

現在APUにはラテンアメリカ圏の国際学生25名が学んでいます(2009年5月1日現在)。今後、様々な国籍を持った学生が増え続けているこのAPUの多文化キャンパスに、コロンビアの学生を受け入れ、コロンビアとAPUの協力関係が築かれることを期待しています。



  • LINEで送る

PAGETOP