立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

外務省事務方トップの薮中三十二外務事務次官の特別講義を実施

講演・シンポジウム|来学者

2009/5/14

2009年5月18日(月)、外務省事務方トップの薮中三十二外務事務次官がAPUを訪問し、同日、専門教育科目「アジア太平洋における国際戦略JA」(担当:山崎隆一郎客員教授)で「日本外交の課題(Challenge for Japanese Diplomacy)」をテーマに特別講義を行います。薮中外務次官は在韓大使館、在米大使館などでの勤務を経て2002年12月外務省アジア太平洋州局長に就任し、対北朝鮮外交での拉致被害者の返還や核問題の交渉を担当されました。そして2008年1月、外務省事務方トップである外務事務次官に就任されています。

今回の特別講義は、薮中三十二外務事務次官がこの度APUの支援組織「アドバイザリーコミッティー(AC)」に就任されたことを機に実現しました。APUの学生にとっては現役の外務省の最高幹部による、生きた国際関係論を学ぶ素晴らしい機会となります。



  • LINEで送る

PAGETOP