立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

PRENGO代表、上田唯人さんが大分市で活動紹介

学生生活

2009/4/22

2009年3月27日(金)、財団法人国際協力推進協会、大分合同新聞社などが主催した「世界のみんなの笑顔のために〜はじめよう!国際協力in大分〜」が大分市のコンパルホールで開催され、APUの上田唯人さん(APS3、日本)が、自身が代表を務めるAPU公認団体(学術・親睦ボランティア分野)「PRENGO」が行うタイでのボランティア活動について紹介しました。
PRENGOは毎年2月と9月にタイの小学校を拠点に、「地域住民主体による教育機会の創出と教育環境の向上」の活動理念のもと、経済、保健衛生、教育支援などの地域ボランティア活動を行っています。今回の上田さんのイベントへの参加は(財)国際協力推進協会からの要請で実現しました。

上田さんは主にPRENGOのタイでの活動報告と大分での写真展やエイズデーイベントについて話しました。またPRENGOへの参加のきっかけを「高校までは国際協力とは無縁の生活を送っていましたが、APUへ入学し、世界には貧困に苦しみ、そこから抜け出そうと努力している人達がいることを知り、PRENGOに参加しました。私たちは学生で専門家ではありませんが、大学で学んだことを実際の国際協力に活かし、活動を続けています」と話しました。

会場に集まった約150名の参加者は、一人ひとりが真剣なまなざしで上田さんの話を聞いていました。

今回のイベント終了後、上田さんは「たくさんの方から国際協力をしたいといった声を聞くことができ、国際協力の裾野を広げる活動に協力できたことに驚きと喜びを感じています。PRENGOはこれからも多くの貧困地域が存在するアジアの現状を広く紹介し、国際協力への理解を深める活動を積極的に行っていきます」と活動への決意を話しました。

現在PRENGOは2009年9月のタイへの渡航に向けて準備を進めています。活動の効率化や国際協力の更なる推進といった新たな目標に向けて活動を続けています。



  • LINEで送る

PAGETOP