立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

2009年グローバルビジネスリーダー育成プログラムがスタート

教育プログラム|学生生活|連携事業

2009/4/14

2009年4月10日(金)、政府が推進している留学生支援事業「アジア人財資金構想」プロジェクトの一環として、本学が提案し採択された「グローバルビジネスリーダー育成プログラム(GBLP)」の4期生開講式を行いました。


「アジア人財資金構想」は、アジアの相互理解と経済連携の促進に向けて、経済産業省と文部科学省が実施しているプログラムで、専門教育の実施から就職までの過程を念頭に置いた日本における初めての留学生支援事業です。

これにAPUは、国際ビジネス展開を担うグローバルリーダー育成のための「グローバルビジネスリーダー育成プログラム」の管理法人として採択を受け、プログラムの開発・実施を行っており、4期目となる12名を新たに受け入れました。



式では、プログラム推進委員長の是永駿教授の挨拶のあと、プロジェクトリーダーの横山研治教授(APM)が、「みなさんには新しい価値を生み出す知識人財になる事が期待されています。そのためには、第一に色々なものの見方、考え方を取り入れる。第二に勉強を本質的に好きになる。三番目に、そういった新しい価値を生み出すエネルギーは人を愛する力から生まれるため、多くの人と目的や手段、喜びや悲しみといったさまざまな事をシェアする。知識人財になるというプライドを持ち、2年間しっかりと勉学に励んで欲しい」と激励しました。

学生たちは「このような素晴らしいプログラムに参加できてとても光栄です。将来は環境業界に携わりたい」「日本のビジネスについてもっと勉強し、APUで培った知識でビジネスに貢献したい」など、プログラムに対する抱負や将来の目標など、それぞれ喜びを語りました。

GBLPの詳細についてはこちらをご覧下さい



  • LINEで送る

PAGETOP