立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ジャパニーズウィークスタート!

2008/12/15

2008年12月15日(月)、ジャパニーズウィークがスタートし、日本の伝統的な文化を紹介する様々なイベントを開催しています。

世界87カ国・地域の学生が集うAPUでは、毎年いくつかの国・地域にスポットを当て、文化・言語などを紹介するイベント「Multicultural Week」を開催しています。
2008年春セメスターには、中国語ウィーク、タイウィークなど約一ヶ月にわたり、5カ国・地域を紹介しました。秋セメスターではラテンアメリカウィークを皮切りにモンゴル、日本、台湾といった国・地域を順次紹介しています。

ウィーク中、カフェテリアでは書道体験や浴衣、甚平などの試着が体験でき、餅つき(無料試食)やヨーヨー釣り、射的といった露店の設置など国内学生にとっては懐かしい、国際学生にとっては新鮮な“日本”の文化を紹介しています。最終日となる19日(金)にはミレニアムホールで日本の歴史をテーマとした、演劇形式の力強いパフォーマンスをご覧いただけます。



ジャパニーズウィーク(12月15日-19日)のスケジュールは以下の通りです。

日程:2008年12月15日(月)〜2008年12月19日(金)
会場:APUキャンパス (別府市十文字原1−1)
スケジュール:
・12月16日(月)〜18日(木)
10:35〜15:50 書道体験、浴衣・甚平などの試着(カフェテリア)
・12月 15日(月)
10:35〜17:40 「響祭」露店の設置、無料体験(カフェテリア)
・12月 16日(火)
12:25〜14:00 餅つき体験、無料試食(カフェテリア前)
14:15〜15:50 茶道体験(スチューデントユニオン2階和室)
18:00〜20:00 竹宵:850本の竹灯篭の設置(APU屋外ステージ)
・12月18日(木)
15:30〜17:00 Café Live(カフェテリア)
*バンド演奏、落語研究会大喜利、書道パフォーマンス
・12月19日(金)
18:30-20:30 Final Performance(ミレニアムホール)
*歴史をテーマとした演劇パフォーマンス



  • LINEで送る

PAGETOP