立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

ボランティアサークルPRENGOがWORLD AIDS DAYイベント開催

2008/12/12

2008年11月27日(木)〜12月5日(金)、APU学生ボランティアサークルPRENGOが
AIDS/HIVへの理解と啓発を目的に、「PRENGO WORLD AIDS DAY」を開催しました。
イベントは今年で5回目を迎え、スチューデントユニオン2階を会場にAIDS/HIVに関する資料を展示し理解を求めるほか、カフェテリアではAIDS DAYのシンボルであるレッドリボンを学生に配布し、メッセージを募りました。
今回のイベント活動で129本のレッドリボンが集まり、会場には85名が見学に訪れました。

WORLD AIDS DAYを振り返って、PRENGO代表の上田唯人さん(APS2、日本)は「厚生労働省の発表では、日本は先進国で唯一AIDS感染率が上昇しているという結果が出ました。また私たちPRENGOの支援地タイでもHIV感染者やAIDSで両親を亡くした子供がいます。皆さんにはAIDS/HIVが自分には関係のないものだと思わないで欲しいです。
AIDS/HIVはごく身近なものです。そして、この感染率の上昇や差別をなくす為の第一歩は“知ること”だと思います。今後も、一人でも多くの皆さんにAIDS/HIVについて理解を深めていただけるよう啓発活動を行っていきたいです。」と話してくれました。

PRENGOは2000年に設立されたAPU公認のボランティアサークルです。毎年2回タイ王国ラヨーン県において、経済支援、保健衛生支援、教育支援の3つを柱としたボランティア活動を行うほか、啓蒙のための写真展を学内外で開催しています。2009年2月には11回目となるタイでの支援活動を行い、その中でAIDS関連施設への訪問も予定しています。



  • LINEで送る

PAGETOP