立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APU能楽サークル自主公演「能」開催

2008/12/4

2008年11月14日(金)、APUミレニアムホールにおいて、能楽サークルの自主公演「能」を開催しました。今回の公演は、2008年秋に紫綬勲章を受賞された重要無形文化財総合指定 塩津哲生氏(APU非常勤講師)をはじめ、東京、大阪、福岡から8名の能楽師の方を迎え開催されました。会場には日本の文化芸術に興味を持つ学生のほか、一般市民の方も多数訪れ、大分ではあまり観ることの少ない能の舞台を楽しみました。

今回の公演を振り返って、能楽サークルに協力し、本公演の企画運営を担当したイベント団体「能」代表の喜田圭士郎さん(APS4、日本)は「“APUで能を催す”という長年にわたる目標を果たすことが出来て、大変嬉しく感じています。国際学生にはもちろんですが、日本人学生にとっても、再度日本の文化に目を向けるきっかけとなればと思います」と話してくれました。

能楽サークルは2005年の秋に設立され、現在5人の部員が毎月3回多目的ホールで練習を重ねています。来年1月には能の世界への理解を深めることを目的にワークショップを開催するなど、今後も日本の伝統芸能の魅力を紹介していきます。



  • LINEで送る

PAGETOP