立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

日清オイリオグループ株式会社ご一行がAPUを訪問

2008/12/1

2008年11月18日(火)、日清オイリオグループ株式会社より、特別相談役の秋谷浄恵氏、専務取締役の今村隆郎氏、人事・総務部長の小林新氏がAPUを訪問されました。


一行はAPUの教育環境の視察に来られ、モンテ カセム学長、福谷正信就職部長、高野憲治教育開発・学修支援センター教授と懇談されました。懇談には日本企業への就職を目指す国際学生3名も参加し、活発な意見交換が行われました。懇談の後、一行は横山研治アジア太平洋マネジメント学部教授の講義見学、カフェテリア、APハウスといった学生の生活の場やライブラリーなど学びの場を視察され、APUで学び成長する学生の様子をご覧になられました。

懇談の中で、秋谷氏は学生に“自国での就職の状況”について質問され、学生は「卒業前に就職が決まる日本の就職活動制度には安心感がある」、「日本の企業文化の特徴である、勤勉でチームワークを重要とする点は見習いたい」、などと回答しました。
またインターンシップを通して学んだことについて、学生の一人は、「国際学生にとっては日本について理解することも重要です。更に学生時代と就職してからで異なることは、企業の枠の中でいかによい仕事をするのか、ということだと感じました」と話しました。

APUでは、本学を支援いただく組織「アドバイザリー・コミッティ」を設けており、日本の政財界の方々に加え、76カ国・地域の駐日大使に参加いただいています。秋谷氏には2008年7月に新たにAPUアドバイザリー・コミッティにご就任いただきました。



  • LINEで送る

PAGETOP