立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

APUの国際学生らがギネスに挑戦

2008/11/25

2008年11月5日(水)、APUの57カ国・地域出身の学生らが、別府市のスーパー温泉やまなみの湯において、“一つのサウナに何カ国の人間が一度に入ることができるか”というギネスの世界記録に挑戦しました。“No Border, Naked Body, Now Brake(国境を越えて、着飾らない姿で、新しい世界へいざ進もう)”というテーマのもと、参加した学生たちは、記録認定のためには5分間の制限時間をクリアしなければならず、80度以上ある狭い室内に立ったまま、すし詰め状態で記録に挑戦し、見事に記録を達成しました。これまでの世界記録は2007年に新潟県の大学が記録した50カ国・地域で、今回はそれを“7”上回る記録となりました。

今回の企画を担当した代表の林秀虎さん(APM4、日本)は「別府の持つ様々な魅力を世界へ向けて紹介したいと思い、ギネスの世界記録に挑戦しました。達成した瞬間、参加した仲間たちと喜びを分かち合い、まさに友情には国境がないと感じることができました。これからも運営しているWebサイトで情報を提供し、地域活性化へ向けた活動を企画していきたいです。」とギネス記録達成の喜びと今後の抱負を話してくれました。
現在、APUでは87カ国・地域出身の国際学生が共に学んでおり、今回のギネス記録達成はAPUの特徴が活かされた記録となりました。

今回のギネス記録挑戦は、別府に関連する情報を閲覧できるポータル(玄関)サイト「BEPPoo!!」を運営管理するAPU学生により企画されました。BEPPoo!!はこれまでに、エコバッグの製作・無料配布など、別府を拠点に、学生の立場から地域貢献することを目指して活動しています。

BEPPoo!!のWebサイトはこちら

エコバッグ推進プロジェクトの詳細はこちら



  • LINEで送る

PAGETOP