立命館アジア太平洋大学

CLOSE

ニュース

第51回世界報道写真展2008開催中

2008/11/25

2008年11月19日(水)〜30日(日)、APUコンベンションホールにおいて、第51回世界報道写真展2008を開催しています。


世界報道写真展は、オランダのアムステルダムに本部を置く世界報道写真財団が、毎年開催している世界報道写真コンテストで入賞した200点の作品を展示した写真展で、世界中100箇所で巡回展示されています。今年は過去最高の125カ国5019人から8万536点の応募がありました。

展示されている写真は、アート、スポーツ、現代社会の問題、自然など10部門から構成されており、集められた写真からは世界が直面する様々な問題が垣間見えます。また今回は“追悼「長井健司の仕事」”と題したコーナーが設けられ、昨年9月にミャンマーでの暴動を取材中に射殺されたジャーナリスト、長井健司氏が生前、パレスチナ、イラク、タイで撮影した映像も紹介しています。

世界報道写真財団は、1955年、フォトジャーナリズムの振興と報道写真家を勇気づける目的で設立された非営利団体で、コンテストや写真展の開催の他、若手写真家育成のための教育プログラムを世界規模で行っています。



日 時:
11月19日(水)〜30日(日)10:00〜17:00
(最終入場16:30、会期中無休)
会 場:APU本部棟2Fコンベンションホール
入場料:大人500円、中学・高校生300円、小学生以下は無料
主 催:朝日新聞社、世界報道写真財団、立命館アジア太平洋大学


  • LINEで送る

PAGETOP