立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

APUについて

文部科学省「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」に採択されました

APUは文部科学省の「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プロ グラム(学生支援GP)」に、「学生による若者と社会のための自主活動支援」をテーマとして応募し、この度、採択されました。

「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」とは、学生の人間力を高め人間性豊かな 社会人を育成するため、各大学などにおける、入学から卒業までを通じた組織的かつ総合的な学生支援のプログラムのうち、学生の視点に立った独自の工夫や努力により特段の効果が期待される優れたプログラムを選定し、財政支援を行うものです。

この支援プログラムは今年度新たに設立され、各大学などにおける学生支援機能の充実を図ることを目指しています。今年度は全国から272件の応募があり、そのうちAPUを含めて70件が選定されました。

本学は、多様化する現代社会において問題を発見し解決する能力を持ち、グローバル社会でリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指して、これまで多くの有為の人材を送り出し、また優れた学生の自主的活動を生み出してきました。

今回の応募内容は、その成果の上に立ち、経験をいかすものとして現代社会の問題に対し、正課外活動の側から新しい貢献モデルを示すものです。本学 の自主的活動から選ばれる優れた学生活動はグッド・プラクティスとして公表することを予定しています。また、学生活動から生まれる成功体験を学生同士でシェアし、あらたな学生活動をインキュベート(孵化)する「学生活動インキュベーションセンター」構想を掲げ、学生の意図と社会のニーズを積極的にマッチ ングするセンターの設立を目指しています。そして、これらの取り組みを基盤に、現代の若者や社会が抱える問題への解決方法を発見し、実践する学生を育成し たいと考えています。

採択結果に関する情報については、独立行政法人日本学生支援機構のホームページをご覧ください。
URL:http://www.jasso.go.jp/gakuseisien_gp/gakuseisien_gp_result.html

PAGETOP