立命館アジア太平洋大学
  • SNS
    facebook Ustream
  • お問合せ
  • アクセス
MENU CLOSE

APUについて

文部科学省「平成24年度グローバル人材育成推進事業・タイプA」に採択されました

APUは、文部科学省の「平成24年度グローバル人材育成推進事業」のタイプA「全学推進型」に採択されました。

「グローバル人材育成推進事業」とは、若い世代の“内向き志向”を克服し、国際的な産業競争力の向上や国と国の絆の強化の基礎として、グローバルな舞台に積極的に活躍できる“人財”の育成を図るため、大学教育のグローバル化を推進する取組を行う事業に対して重点的に財政支援を行うことを目的とした平成24年度からの新規の事業です。なお、タイプA「全学型」は、大学全体でその達成を目指す取組を対象とし、国内大学のグローバル化を先導する大学として、他の大学のグローバル化推進に貢献する取組の実施が求められています。

大学全体の申請は129大学・152件にのぼり、APUが採択されたタイプA「全学推進型」には41件の申請がありました。

APUが採択を受けたグローバル人材育成推進事業の概要は以下の通りです。

開学以来、積み重ねてきた国際大学としての教育のノウハウやグローバルなネットワークと、国際色豊かな多文化環境を活かし、国際的に最先端の大学教育の手法・水準を大胆に取り入れ、日本人学生を世界に通じるグローバル人材へ育成する取り組みの強化を進めます。同時に、我が国全体のグローバル人材育成に貢献できる拠点大学として、APUの先進的な取り組みを日本の大学と広く共有する取り組みを進めます。

【本事業の特徴】
・多様な留学生との学び合いの活性化など、APUの多文化環境を生かした取り組みの強化を進める。
・“入学前”から入学後の“教育・学生生活”、“卒業・キャリア形成”といった大学の全ての段階におけるグローバル人材育成を強化する。
・学生の学習成果および大学全体の教育効成果の評価・測定の取り組みを進める。

<関連リンク>

グローバル人材育成推進事業ウェブサイト
学長ノート「文科省グローバル人材育成推進事業採択を受けて」
APUがこれまでに採択を受けたプログラム一覧
詳細は文部科学省の当該ページをご覧ください。

PAGETOP