立命館アジア太平洋大学

CLOSE

留学・海外学習

グローバル・コミュニケーション・プログラム(GCP)

  • コミュニケーション能力
  • 課題解決能力

春セメスター第2クォーターの2か月間、アメリカのSt. Edward's University(SEU)へ留学し、全米でも定評のあるリベラルアーツ(教養教育)科目を履修します。アメリカならではのスピーチ指導、思考力、多文化社会、ボランティアなどの授業が、徹底した少人数で行われます。現地の授業では積極的な発言が求められるため、英語力のみならず、積極性や学修から得られる自信を高め、多角的な視野を養うことで、大きく成長できるプログラムです。留学前・後のコースや、一人ひとりの目標に合わせた個別アドバイジングも行っています。オースティンの地の利を生かした課外フィールドトリップでは、過去、日系企業やNASA(米国航空宇宙局)などを訪問しました。また、バディ(SEUの学生)と日常的に交流し、プログラム終盤には日本文化を紹介するイベント“Welcome to Japan” を企画・実施します。
堂々と英語でスピーチできるようになりたい、英語でリーダーシップを取りたい、交換留学の準備としてアカデミックな英語を身につけたい、目標に向かって、高め励ましあえる仲間と共に学びたい学生に特に勧めたいプログラムです。

実習時期: 6-7月(春第2クオーターの約2ヶ月間)
滞在形態: 学生寮
派遣国・地域: アメリカ(テキサス州 オースティン)
募集時期: 12-1月
募集人数: 20名
申請資格: 2-5セメスター生(申請時)
単位数: 10単位

中村 有耶(APS)
2019年度春実施
St. Edward’s University

自分の英語力に自信をつけたい、クリティカルな考え方を身に付けたい、との思いで参加しました。ディスカッションリーダーやプレゼンを何度もこなし、スピーキング力、批判的に考える力、人に伝える力など様々な能力を伸ばす事が出来ました。どの授業も本当におもしろく、毎日教室に行くのが楽しかったです。英語のスキルを着実に伸ばしながら自分のキャリアを考えるなど自己成長にも繋がる、とても貴重で充実した2ヶ月間でした。

PAGETOP