FIRST(海外) | 立命館アジア太平洋大学

FIRST(海外)

FIRST(海外)

  • 異文化間コミュニケーション

FIRST(Freshman Intercultural Relations Study Trip)は、1回生がクオーター*1間の休暇を利用して国内外に赴き、そこで初めて出会う人々との交流や調査活動を通して、アジアの文化・社会に直接触れることが出来る短期集中プログラムです。プログラムは年に2回、春は国内学生向けに海外で、秋には国際学生向けに日本国内で実施しています。2007年度のスタート以来、多数の学生が参加し、2019年度は日本人学生のおよそ2人に1人が参加した、人気のプログラムです。

2023年度春セメスターについては海外派遣プログラムとして実施予定です。

「FIRST」の最大の特徴は、慣れない土地・文化・言語の中で、体当たりしながら調査活動を行うことです。学生たちは少人数の グループに分かれ、事前授業で学んだ現地の言葉を駆使しながら、「くじ引き」で決まった目的地へ向かいます。到着後は、事前に設定した各自の調査テーマに基づきアンケート調査を行います。

参加者は基礎的な調査手法の理解、異文化に対する感受性を養うとともに、コミュニケーション能力、グループで協働する力、チャレンジ精神、プレゼンテーション能力など、APUで必要となるさまざまな力を伸ばしていきます。世界の言語、文化やその地域の人々との交流に興味を持ち、APUの国際的な学習環境やキャンパスライフを最大限に活用したいと考える学生に最適のプログラムです。

近藤 祐一 教育開発・学修支援センター 教授

APUに入学したら多文化キャンパスからさらに一歩踏み出て自分を試してみる。それによってAPUでの学びを理解し、またグローバルな視点を持つきっかけを持つ。この目的のために、これまで多くの学生たちが世界への一歩を踏み出してきました。FIRSTの最大の特徴は「異文化オリエンテーリング」です。少人数のグループに分かれ、最小限の現地の言語、チームワークそして積極性をもって、指定された現地の町に自力で行き、そこで現地の方々の協力を得ながらアンケート調査を行います。300人以上の人々との出会いを体験し、積極性と自信を獲得してきます。渡航国出身者を含む先輩学生も同行しますが、主役は参加学生です。「FIRST」をきっかけに学外での学びに興味をもち、言語研修旅行、教員引率の海外研修旅行、さらには交換留学などの海外プログラムに積極的に参加する学生も多くいます。「FIRST」はAPUで最初に体験する「世界へのとびら」です。

担当教員
立山 博邦 教育開発・学修支援センター 准教授

「FIRST」の道のり

プログラムは、事前授業、実習、事後授業で構成されており、少人数のグループワークで進んでいきます。

1.事前授業(出発1ヶ月前)

担当教員の指導のもと、現地調査のテーマ設定や危機管理ガイダンスの受講など、準備を行います。先輩学生のサポートを受けながら、言語や文化の学習も進めます。

2.実習(4-5日間)

目的地は、現地到着後に「くじ引き」で決定!スマホの使用は禁止。地図を片手に、カタコトの言語とチームワークで、目的地を目指します。行き先は観光では訪れないような小都市の場合もあり、日本の常識が通じない状況を乗り越えることで、失敗を恐れずチャレンジする心が鍛えられていきます。

3.目的地に到着!!

目的地に到着後は、事前に立てた課題をもとに、アンケート調査を行います。300枚以上のアンケートを回収するために、600人近くの人に声をかけます。現地の方々の優しさに触れることもあれば、英語さえ通じず、立て続けに断られてしまうなど、つらい場面を経験することも。これにより、言語に頼らない、非言語コミュニケーションスキルの獲得を目指します。

4.一日の終わりに

一日の締めくくりとして、毎晩、振り返り学習を行います。調査の進め方やその内容に関することだけでなく、異文化環境で活動することによる気づきや、グループワークを進める上での反省点などを共有し、翌日の活動へ繋げます。ここでは、意見の対立も大切な学びのひとつです。

5.事後授業

帰国後、調査結果をまとめてプレゼンテーションを行います。他のグループがどんな発見をしたのか見ることも、自己の体験を振り返る一助となります。しっかりとフィードバックを行い、APUでの今後の学びに活かせるスキルを獲得します。

*1 クオーター

1年を4つの学期(授業実施期間)に分ける制度。APUでは、1年は2つのセメスター(学期)から成り、各セメスターはさらに2つのクオーター(8週・約2ヶ月間)と集中講義を行うセッション(夏・冬の各2ヶ月間)に分かれている。クオーターで開講される講義は、週に2回授業が実施さ れ、約2ヶ月で完結するため、学生は集中して学べ、高い学習効果が期待できる。クオーター間には、クオーター・ブレイク(授業のない休暇期間)があり、 APUではこの間に海外短期集中プログラムを実施している。

【 APUの1年間 】
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
春セメスター 秋セメスター
第1クオーター 第2クオーター 夏セッション 第1クオーター 第2クオーター 冬セッション

FIRST(海外)[2023年度春セメスター]

新型コロナウイルス感染症拡大その他の影響によりプログラムが中止もしくは変更が発生する場合があります。

国内学生1回生向け海外学習プログラム「FIRSTプログラム」の参加者を下記の通り募集します。
参加を希望する人は、募集要項をよく読み申請してください。 
プログラム期間 約1週間 実施時期 春セメスター クオーターブレーク期間
実施場所 台湾 韓国 身に付くスキル
  • チームワーク
  • チャレンジ精神
  • 多様性理解
プログラム費用 約8万円
募集人数 最大300名(予定) 募集期間 2023年4月上旬
申請要件 1・2セメスターの国内学生及び日本語基準学生、もしくは日本語要件を満たした国際学生
※その他の申請要件は募集要項等で確認してください。
補足説明
募集ガイダンス情報 2023年4月上旬に実施
申請方法 下部の募集要項、シラバスをよく読み、オンライン申請フォームを提出し申請してください。
(注1)オンライン申請ウェブサイト(Microsoft Forms)は、募集期間開始に合わせてアクセス可能となります。
(注2)オンライン申請についての質問は、FIRSTプログラム専用のメールアドレス: first@apu.ac.jp、もしくはアカデミック・オフィスまで直接お問い合わせください。

上記はプログラムの概要です。以下のシラバスと募集要項から詳細を必ず確認のうえ申請してください。(2023年3月までに公開予定)

MENU
APU SALC
APU サービスラーニング・プログラム
APU Global Research Program
APU 学生留学アドバイザー
プログラム から探す
  • カテゴリーを選択
  • プログラムを選択
国・地域 から探す
  • 検索対象
  • 地域を選択
  • を選択
留学先大学 から探す
  • GPAを入力
  • IELTSを選択
  • TOEFL ibtを入力
  • TOEFL ITPを入力
  • 学問領域を選択
  • 認証を選択
プログラム期間 から探す
  • プログラム期間を選択
身に付けたいスキル・能力 から探す
  • スキル・能力で絞り込む
PAGE TOP
INFORMATION 募集中プログラム