APU言語研究論叢

オンライン :ISSN 2432‐1389
冊子 :ISSN 2432‐1370

『APU言語研究論叢』は、紆余曲折をへてようやく誕生した新しい言語教育センター紀要となります。
本誌が、今後の立命館アジア太平洋大学の言語教育の充実と発展の一助となることを願います。
発行にいたるまでにはみなさまの温かいご支援とご協力をいただきました。ここに感謝のことばを述べるとともに今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。

APU言語研究論叢編集委員会

お問い合わせはaplj*apu.ac.jpまで。
*迷惑メール防止のため*を@に置き換えてご使用願います。


新刊案内 Vol. 4

巻頭言 Steven Pattison(PDF)

Research Papers
No. Author Title Date
1 岩本 穣志 日本語教育におけるゲーミフィケーションの試み   ―教室外での目標言語使用の活性化を目指して―
Examining Gamification in Japanese Language Learning: Encouraging the Use of the Target Language Outside of the Classroom
March 15,2019
2 羅 華 初・中級中国語における「把」構文の教授法についての一提案 ―「把」構文の再分類及び導入順序を中心に―
Proposing a Method for Teaching BA Construction in Beginning and Intermediate Chinese: Focus on Reclassification and the Order of Introduction for BA Construction
March 15,2019
3 張 恵芳 “ 是不是” の日本語訳から見る中日モダリティ形式の対応関係
On the Corresponding Relationship between Modality Forms of Chinese and Japanese: A Case Study of the Japanese Translation of Chinese “SHI BU SHI”
March 15,2019
4 小島 直子 English-Medium Instruction (EMI)に求められている教育実践及び学習環境   ―日本人学生の動機づけの視点から―
Pedagogical Practices and Learning Environment Needed in EMI: From the Motivational Perspectives of Japanese Students
March 15,2019
5 BLACKWELL James A Text-based Approach to Designing Language Assessments March 15,2019
6 DIAZ Anthony Developing a Pilot Learner Corpus: New Directions in Writing Instruction March 15,2019
7 ETO Tomoko Japanese EFL Learners in Bilingual Group Discussions: A Needs Analysis March 15,2019
8 JONES Kent Minding the Gap between Japanese University Studentsʼ Expected and Actual English Use March 15,2019
9 MCMAHON Andrew The Potential of Coursebooks to Raise Learnersʼ Awareness of English as a Global Language March 15,2019

既刊号一覧

RCAPSの出版活動
RCAPSでは「Ritsumeikan Journal of Asia Pacific Studies (“RCAPSジャーナル”として親しまれています)」と「APU言語研究論叢(APU Journal of Language Research)」の2つのジャーナルを刊行しています。これらのジャーナルはそれぞれ別々の出版方針と編集チームによって出版されています。投稿された論文はそれぞれのジャーナルの編集者によって査定されますが、正式な査読誌ではございません。2012年より、RCAPSジャーナルはAPU教員や数人の関係機関研究者およびレビュアーの協力でインハウスの査読を始めました。


Connect with us:
FACEBOOK

ページトップへ戻る