2019/2/7

セミナーレポート:「サプライチェーン・ロジスティクスのトレンド-現状と今後」

2018年12月19日(水)、CMA CGM JAPAN 株式会社 代表取締役社長の恵谷 洋氏をお迎えし、「サプライチェーン・ロジスティクスのトレンド-現状と今後」と題してRCAPS Onigiriセミナーを開催しました。

恵谷講師へのインタービューはAPU公式ホームページ ニュース欄をご覧ください。
http://www.apu.ac.jp/home/news/article/?storyid=3068

【開催責任者:汪 正仁 教授(APM)のレポート】

恵谷氏は、まず自身の職歴を述べた後、「Learning from the Albatross」プロジェクトを例にジスティクスのコンセプトを説明し、人がなぜ、どのようにして大洋を渡るかという質問への回答を示すことによって聴講者を啓発した。また、全体と対照的に個々の自己組織化、危機管理、中央制御および自律分散を含むさまざまな問題をカバーした。

さらに、企業設備をとおしての物的移動やベンダー/サプライ・サービスによる物品保管(原材料、部品、完成品など)を、顧客(市場)およびパッケージングや注文処理などの関連活動への提供が求められる一連の系統的・組織的活動を構成するビジネス・ロジスティクスに関して述べ、企業が掲げる明確な目標に貢献するため に組織内で効率的に実施される必要がある旨、説明した。


トピック
セミナー
お知らせ一覧へ
Connect with us:
FACEBOOK

ページトップへ戻る